FC2ブログ

新非公式新聞部

アニメ・声優情報を中心に発信する気まぐれブログ。 管理人はQMAプレイヤー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今更だけど,読み終えたので感想.


なかなか面白かった.この作品の経緯として

電撃ゲーム小説大賞のため執筆 → 文字数制限オーバーで寝かせる → ネットで公開 → 人気になる → 別作品(アクセル・ワールド)を執筆して電撃文庫で大賞受賞 → 寝かせてた本作をめでたく文庫化

という流れに至ったためか,素人っぽい言い回しがところどころに見られる.主人公のあまりに勝手な行動やヒロインとのご都合主義と,ポリゴンや食事のシーンで表現のマンネリ化も若干感じた.
しかし,この作品が2002年に執筆されたというのだから驚き.まぁ加筆修正はしてるんだろうけど,色あせてないのよね.古臭いところもないし.
その上,本作が人生始めて書いた小説なんだと.これまた凄い才能だな-.

完成度で言えば「アクセル・ワールド」の方が上だと思うので勧めるならそちらですが.

同じネトゲもののライトノベルとしては「バトルフィールドは空騒ぎ」より上.
あれも,「ネトゲの中だけど命を大事にね!」みたいなテーマで書かれてたわけだけど,設定不十分だったと,この作品を読んで思った.
(本作の設定も,技術的な突っ込みや動機の不明さは多々あるけど.)

同じゲーム小説なら,土橋真二郎作品の方が断然面白いと思う.
少しジャンルは違うけど,同じ閉じ込められ系なら「扉の外」の方が楽しめた.
まぁ本作以上に消化不良ではあったけど.
そういや「ツァラトゥストラへの階段」は新刊いつ出るんですかね?>電撃文庫編集部

ただ疑問なのは,Webで公開されていたこの作品には続編があるということ.
1巻で完結してるように思うのだけど,2巻はどう展開するんだろう.
あとがきには番外編まであると書いてあって,まだまだ続くらしい.

1巻で満足したから続きを買う気はしないけど,機会があれば少し読んでみたい.

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
(2009/04/10)
川原 礫

商品詳細を見る

ソードアート・オンライン〈2〉アインクラッド (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈2〉アインクラッド (電撃文庫)
(2009/08/10)
川原 礫

商品詳細を見る
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cc2006.blog49.fc2.com/tb.php/667-3ba7f18a

時事放談と言えば、のら犬兄弟のギョーカイ時事放談 CMSの導入ならコアブロCMS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。