FC2ブログ

新非公式新聞部

アニメ・声優情報を中心に発信する気まぐれブログ。 管理人はQMAプレイヤー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
積んでた「これはゾンビですか?」が消化出来たので、富士見ファンタジア繋がりで「いつか天魔の黒ウサギ1」も、今更ながら感想。

購入動機は表紙買い。あと、角川が盛大にプッシュしてたので。

が、はっきり言います。期待外れ!
もうね、富士見ファンタジアは肌に合わないかと本気で思った。この程度なのかと。

いい。メインの話として、

主人公は過去に魔法使いとある約束をするんだけど、諸般の事情ですっかり忘れてる。
ある日突然その約束を思い出した時から、約束を果たすために走り出す。

という物語のプロット。これは素材としてはいい。

でも、ヒロインを追う魔法使いの組織を「協会」って・・・・おいおい。もうそんな奈須きのこの十八番を持ち出したって誰も喜ばないと思うんだけど。オマージュなのかは定かではないけど。
一番がっかりしたのは、全体の作風がシリアス濃厚なのに、中途半端にギャグテイストを入れているところ。メインの話が台無し。
このバランスが富士見ファンタジアの味なんだろうけど、肌に合わないね。
言い回しもくどい。ケータイ小説臭い作風は嫌いなんで、この辺も肌に合わなかったです。

読み終えて、

「ふぅ。角川がプッシュする期待の新人なんだろうけど、2巻はいいや」

と思ってあとがきを読んだら、あの有名な『伝説の勇者の伝説』の著者だったとは。
富士見ファンタジアのビッグタイトルじゃないか!そんなビッグネームライターが満を持したものがコレだとは。やはり私の肌に合わないのでしょう。

と、いうわけで富士見ファンタジアは極力避けるようになりましたとさ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cc2006.blog49.fc2.com/tb.php/611-fe60a667

時事放談と言えば、のら犬兄弟のギョーカイ時事放談 CMSの導入ならコアブロCMS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。