FC2ブログ

新非公式新聞部

アニメ・声優情報を中心に発信する気まぐれブログ。 管理人はQMAプレイヤー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
OP見るまで京アニだと知らなかった・・・。

京アニプロジェクトという自主企画の第3弾らしい。前2作とも全然知らなかったんだけど。

OP見た時点ではキャラデザがすごく京アニらしいと思ったのだが。
本編はあまり。らしくないというか。
かんなぎはらしさで言えばもっと京アニっぽかった気がするが。
作画枚数が目に見えて少ないのも、荒が目立ちすぎてらしくない。
まだCLANNADに人員割いてるのかな?

本編もあまりらしくない感じがするんだけれど、この自社企画プロジェクトの第一弾は2003年とずいぶん昔の作品になるので、実はこれが京アニの作風だったりするのかな?
しかし同年に制作してるフルメタふもっふは断然京アニらしい気がするし・・・よくわからん。

らしいらしくないは別にしても、やっぱりどこか物足りない。
ファンタジーなんだけど、硬派すぎて違う流れにあるかなぁ。
OVAを知らないと分からない世界観というわけでもなさそうなんだけど・・・
魔王の一人称が「俺様」だったりと、どこか一昔前の雰囲気を感じて抵抗がある。

京アニらしくない、地味な路線を行きそうな予感がします。
スポンサーサイト
続・夏目友人帳

1期に続き、地味ながらも健闘してます。
OPからアヤカシを上手く使ったアニメーションで目を引く。
しかし何より、妖怪と夏目のやりとりがイイハナシダナー
本当に話が上手い。ただただ面白い。

これは名作だ、うん。
RIDEBACK熱い!

アクションは1話の引きだけではなかった。
どうやら3話もRIDEで走るみたいだし、これはすごく楽しめる。

スピード感がたまんねぇっす
今テレビを付けたらやっていた。
そういやドラマ化なんて話もあったけど、こんなにひっそりとやっているとは。

しかし内容がひどい。これはひどい。ガチでひどい。
実写版ネギまに勝るとも劣らないひどさ。

セリフが棒ってレベルじゃない。滑舌が悪い。聞き取れない。
ダニエルは子役だからいいとしよう。(まったくもって良くないが)
でもこのモモはないわ。中の人だれだよ、と思って調べたら浜田翔子でした。
よしもとに出てる人か。そのほかはよく知らないけど、これはあまりにひどい。
それ以外の登場人物も三文芝居で吹いたw

制作費ケチった感が出まくり、演出もチープ。まったく見れたもんじゃないぜ・・・
第一声で小林ゆうと判明し、全てを把握した。

まぁ原作の評価は「これはいいガチ百合」としか聞かないので期待してませんでしたが。
百合属性の無い身としては、あまり魅力を感じなかった。
が、シャフトだけにドタバタ劇は面白い。みゆきちいいね。

CMでしか聞けなかったけど、主題歌の「HANAJI」はなかなかよさ気。
ソースは忘れたけど、放送前に実施した新作アニメの期待度ランキングみたいなのがあって、屍姫2期にも抜かれてダントツ最下位だった作品。

んな馬鹿な、と思ってたんだけど。
今期の中では数少ない期待作だったんですが、さて本編。

Aパートは危なかった。期待が外れたかと思った。
淡々と進むし、キャラデザが薄味すぎて「全然萌えねー」とか思ってしまった。

しかしBパートは最高。
まずRIDE BACKのアクションが素晴らしい。
メカニカル感といい、スピード感といい、すごく熱い。
前半で蓄えた鬱憤を発散してキャラクターが生き生きとしてたのもよかったです。

「世界は変わる」

疾走しきって1話を締めるなど、2話への引きも上手い。
やー、面白かった。

ちなみにOPはMELL。
期待の根拠はこういうところにあったんですがね。
主題歌がMELLで外れた作品がありましたか?
否!ない!

と、いうわけで最後まで期待してますよ。
原作はアクアプラスのエロゲ。10年前のだけど。

1話から雰囲気が暗い。泥沼ストーリーだそうで。
しかし終始イライラする。冒頭の爆音ギターに始まり、噛み合わない会話だらけ。
主人公の冬弥は噂に名高いヘタレ主人公だそうで、納得せざる得ない。
冷酷動物とか文句抜かしといて電話するわ、いきなり切れたり、意味の分からない言葉を並べるわ・・・エトセトラエトセトラ。
言動と行動が不一致で、理屈が通らない最悪主人公な印象を受けた。
アイドル世界は陰湿で重たいし、気持ちよく見れない作品だなぁ。

ついでに期待の水樹奈々もキャラがツボじゃなかったので、心捕まれず。
OPはエレガプロデュースだけど、作風に合わせた暗い感じの曲で好みじゃない。

しばらくは様子見。
最終回は熱かった。そして思わぬ急展開で続く2期。物語は半年後から。

あれだけ期待させておいてニートまっしぐらなジルには驚いた。
ファティナがまさかのメインヒロイン昇格にも驚いた。ヒロイン入れ替わりってか。
消えてしまった塔に関してはほとんど謎。キーマンは幼女。
伏線よりも、「まーた冨澤風斗か!」って感じなんだけど…(アンチ的思考

OPアニメーションは1期に続いて遊び心たくさんですごくいい。
ウーパの産卵ネタを微妙に引っ張ったり、ギャグもまだまだ見せてくれそうです。

1期ではパーティ頼りだったジルがもう一度パーティを集め直して塔頂というのは面白そう。
新メンバーや、まだ登場してないメルトの活躍にも期待したい。
参考:初恋限定。

PVが公開されてます。コミックより面白そう。
というかアニメーションがJ.C.STAFFなんで、かなり注目してます。
面白くなるに決まってるだろ、常識的に考えて・・・・(←信者

中心キャラに若手を起用しつつも声優に力入ってて、なかなか期待させてくれます。
ジャンプに連載中の、デスノコンビ最新作。
あんまり注目してなかったんだけど、某ラジオで里見哲朗氏が絶賛してたので買ってみた。

面白すぎるぅぅぅぅぅぅ!
これは新しい風だわ。忠実な業界ネタを織り交ぜたサクセス漫画家漫画。

セリフから出る内容の濃さが、デスノのごとく半端無い。でもデスノよりジャンプっぽい。
『天才』『裏切り』『計画通り』が三本柱だったデスノとは違って、
『友情』『努力』『勝利』な感じ。

これを読んで漫画家を目指した中学生が数年後、ジャンプの革命児になって出てくるのかなー
参考:少女マンガ『しゅごキャラ!』人気を支えるオトコたち

以下、引用

ジュニアアイドル事情に詳しいフリーライターの岡島紳士氏はこう分析する。

「ロリコンにとっては、ちょっとヌルイですね。過去の似たケースでいうと、『おジャ魔女どれみ』(講談社)のほうが、おしっこを我慢するシーンや入浴シーンなど、ロリコンにウケる性的要素が多かったように思います。児童向けの性教育マンガ『ないしょのつぼみ』(小学館)がロリコン層に受けたことを考えると、直接的でない性描写に興奮できる人もいるかもしれませんが、『しゅごキャラ!』の制作側が意図的に狙っているとは考えにくい。ただ、ユニットの"Buono!""しゅごキャラエッグ!"など、ハロプロメンバーが主題歌を担当しているので、"三次元ロリコン"が同作にハマる経路ができているのかなとは思いました」



>おしっこを我慢するシーンや入浴シーンなど、ロリコンにウケる性的要素
>おしっこを我慢するシーンや入浴シーンなど、ロリコンにウケる性的要素
>おしっこを我慢するシーンや入浴シーンなど、ロリコンにウケる性的要素

ちょwwwwwジュニアアイドル業界wwww
視点が変態すぎるw

ちなみに、おじゃ魔女の正当後継者はプリキュアじゃない?
けど、しゅごキャラは近代アニメ史に名を残す名作。
去年の年の瀬にしゅごキャラの録り溜めを全部消化して放送に追いついたんですが。

神田さんの名古屋弁キャラがベストマッチングでニヤニヤしまくりw
ここまで来たか、って感じです。
子供向けの枠を逸脱し続けるその姿勢には脱帽しますw

2期になっても面白さが止まらない。
OPでイェイイェイしてるあむちゃんかわいいです^q^
遅くなりましたが・・・2009年になりました!

あけましておめでとうございます。
今年も、ここ非公式新聞部をよろしくお願いします。
時事放談と言えば、のら犬兄弟のギョーカイ時事放談 CMSの導入ならコアブロCMS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。