FC2ブログ

新非公式新聞部

アニメ・声優情報を中心に発信する気まぐれブログ。 管理人はQMAプレイヤー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
なんだか急にルークの心情変化が早くなった気が。
モノローグでごまかした感もあるし、葛藤省いた感をひしひしと感じた。


今晩は私用で修羅場なのです。またしばらく消えてます。
スポンサーサイト
現在、納期に追われています。来週までは更新薄です。

声優ネタ

夏子と千和のツンピリラヂヲ
配達ピザのピザハット

声優がこんなところに採用されるなんて、素敵すぎるwwww
グッズに声優のサイン入りとか、なんというクオリティの高さwwww

かんなぎの声優陣は神キャストすぎるので、売れること間違いなしですよね。
どうしてしまったんでしょうね、ゆりしー。

ゆりしーてんしーうれしー

もう言葉も出ない。これまでビジュアルで売ってなかっただろ・・・・
12枚連続リリースCDとかいろいろやってファンを不安にさせてきたゆりしーだけど。

このDVDは声優生命が終わりと思っていいレベル。

そしてこれは昨日の出来事。

声優】落合祐里香さんがブログ休止宣言

ゆりしーはしばらく頭を冷やした方がいいと思うよ・・・・

まぁこのスレの>>25みたいな無知が叩いている意味が分からないけど。
出演作品だけで声優を評価するってなんなの?馬鹿なの?


ゆりしーがAVに流れないか心配。
引退するにしても隠居してください。
4話まで消化。感想。


1話のOP前の語りから超絶に面白すぎる!! 
え?たったのこれだけで作品への入り口が開けましたが?
そしてOPの素晴らしさ。歌がゲームの使い回しだよ、とか言えないほどの出来映え。
TVサイズでも若干尺が長いんだけど、その分しっかりした1本のアニメーションになってる。
もうOPだけでアニメ1話分語りたいくらい。長くなるので以下略。

本編も超絶に面白い。
1話ではルークの身辺状況と物語の起こり、そこから仲間達の回収から各キャラの個性を見せつつ、同時にキャラの過去から伏線を張りながら4話まで。
ルークが人を殺す葛藤も、年相応で世間知らずな少年らしくていい。
血液描写が光の粉になって消えるあたり生々しさはないけど、その様子はうかがえる。
ヴァン先生に絶大な信頼を寄せる純粋な少年である点も年相応なのかな、と思ったり。
その反面ティアがヴァン先生の命を狙っていたり、裏がありそうで見放せない。
まぁティアの巨乳は年相応とは言えないがw

そして魔法描写。特に2話のインディグレイションは素晴らしすぎる魔方陣でしたね!
ジェイドを嘗めるように這うカメラワークといい、演出凄すぎ。
パペットが巨大化するのも凝ってるし、チャンバラ一つとっても立ち回りが上手かったり。

アリエッタといいアニスといいイオンさまといい、ロリ成分もたっぷり!
まぁイオンさまはあの容姿で男らしいが。イオンさま可愛すぎるだろwwwwwww
ミュウも何気に可愛いよね。

そしてEDで次回予告と共に心を癒されて終わるので後味もいい。
ほんと気に入ったわ。あとは作画が現状維持されれば・・・・!

ちなみにケメコでもそうだったんだけど、OPで放送回の総集編を流すのは流行なの?
過去にこの形式を取ってたアニメってあったかな・・・・?最近の試みなんでしょうか。

とある魔術の禁書目録に並ぶ今期超期待アニメ。楽しみだー
関東より1週間遅れで2話拝聴。感想。


おまけルートを消化開始?春原ルート入ります。
順当に1期のその後の物語が進みます。なんとも期待通り。
アニメオリジナリティを入れながら信者に角の立たない作り。流石は京アニ。

コスプレ早苗さんかわいいです^^

OPEDも良い作り。アニメーションにも伏線あり?
見てると柊偏までやりそう。光の玉を全部集める気なのか。
父親との過去話にも決着を付けるのか。春原ルートこんなにゆっくりやってて回れるのか・・・・と思うんですが、まぁやってくれるんでしょう。

芽衣ちゃんかわいいです^^
最近メディアワークスがプッシュしているコミックが原作。1話を含め感想。


1話は期待の斜め上をいく面白さ。
ケメコの勢い以外は結構普通なギャグ&戦闘アニメかと思いきや。

2話は期待通りの路線に向かって一直線。これは面白い。
千和さんがはっちゃけてていいw ノリノリすぎw
さすが水島監督、内容がぶっ飛んだものになってます。
絶妙なだんご、唐突な絶望先生。
決め手は「兄弟喧嘩格好悪い」の角川(ry。 これはワロタwwwww
メディアワークスだから許されるのかw 愛のある皮肉ですね、わかります。

ちなみにこれ乃木坂に続き後藤麻衣がゲームコンバートじゃないのに出演してます。
最近アニメの仕事増えてきたんすかね。しかも2話はセリフ多くて最高でした。
ちなみにエムエム役に戸松遥。萌えアニメの地位に付くのもそう遠くはなさそうです。

主人公の顔の色はかなり気になった。なんでデフォで赤みがかってるんだろ。


よく動くしノリもいい作品。面白い。
原作はファミ通文庫。あまり噂は聞きません。感想。


CMのときから期待はしていなかったので、だいたい予想の範囲内。
可もなく不可もなく。特に魔法描写に力を入れるわけでもなく、無難なコメディ。

キャラデザがロリすぎてなんだか馴染めない。
魔法世界観の設定も全然深くないしファンタジー好きとしては物足りない。
あとヒロインのタナロットの口調である「~である」が狂乱家族日記のライオンが可愛くなったようにしか思えない・・・・w

1話は原作のプロローグを消化したようにしか思えず、視聴者が置き去りにされているような。
遊戯王の木馬がスカウターで戦闘力計ってスカウター壊れたようにしか見えないし。
OPEDもよく分からない。

実写の人形をアニメに混ぜて動かす新しい試みがあるのはよかった。
でもそれが面白さに繋がっているのかと考えると、そうでもなかったり。

声優絡みでも気になるのはういういくらいだけど、このキャラ萌えないし別にいいや(ぉ

切ります。
そもそも1期を途中で切ってるんですが、友人に強く勧められたので見てみました。


かなり惜しい線まで来てる。2期はそんな印象。
1期でそれなりに面白い展開になったんだろうな、と思わせる。もちろん萌えアニメ路線で。
知らない間に増えていたヒロイン達はキャラ・声ともに優秀ですね。

いつの間にかくぎみーが参戦していたり千葉さんも出演してたり。盛り上がってます。
キャラとのイメージも合ってて上手い起用。

シナリオも単調なパンチラが多いけど、ちゃんとヒロインが中心に回ってます。
そのあたりは萌えアニメの方向性として間違ってないんですけどね。
全体的にパンチが足りない。キャラ絵も作画ももう一味足りてない感じ。
こういうのを世間ではコケたって言うんですよね。

OPは1期に続き非常に良い。演出が急に凝ったものになってて面白いですね。
顔をアップにして踊るヒロインの弾みを端的に表現しているのがとっても上手い。
髪のふわふわ感が出てるし動きもスムーズでついつい見入ってしまう。
ただ踊りの顔アップ以外のところにももう少し花が欲しかったかな。


2期で認識を改めましたが、拝聴には至らず。惜しいなぁ。
1話を含め感想。


3期をやる必要があるのかなー、と制作発表当時から思っていたのですが。
やっぱり無理があるような・・・・

あいが女子高生に寄生という形で地獄少女の役割を果たすというのは、行動範囲の限定に繋がるような気がしてならない。案の定2話も学校絡みの恨みだったのでなお不安。
1期は新聞記者が事件を追う形で、2期はあいの過去に焦点を当てて物語が進行。
2期までは地獄通信もそれなりの幅広さで地獄流しを実現できててよかったんですが。
ここに来て行動範囲が一気に限定されるのはどうかと思います。

あと急にギャグ路線に走ったのはガックリときた。
「八」には呆れるしかなかった。「電気を使いすぎだぁ!」には不覚にも笑ったけどw
でもこれでいいのかと、疑問に思ってしまいますね。

3期になって新メンバーの投入はなかなか面白い。
でも2期で過去に区切りを付けて完結してたし無理して3期しなくても。とは当然にして思う。
あっと驚く仕掛けがあればまた話は別なので、今のところ待つしかないですけど。
そもそも人を裁くのが罪滅ぼしだった閻魔あいが無理して復活する理由が考えられないんですが、そこはどう解決するんでしょうね。
放送前からポストみなみけ2期と噂された作品。感想。


思ったより酷くない。みなみけ2期よりは面白い。
でもなぜか見ていて気持ちが落ち着かない。
キャラデザもそうだし、みなみけの焼き増しと言わんばかりのリアル描写。
やっぱり位置付けとしてはポストみなみけ2期かな。

OVAで完結していたのにみなみけ流行ったからもう一回やろうみたいなやっつけ感が(ry

それに特に突出した面白さがなかったのも痛いかな。
エロしきれてないエロとか、微妙すぎてなんとも。

1話で切ります。
とある魔術の禁書目録に続き、今期一番のアニメ。感想。


ソウルイーターでさえ声優が聞いてられなくて切った私には無理だ・・・・。
何この棒読み。いや、棒読みってレベルじゃない。これはない。これは酷い。
主人公とヒロイン揃ってこんなんじゃ、話にならないね。
最初は藤原啓治にほっちゃんで超期待したのにな・・・・。


「畏怖と??と侮蔑と嘲笑を込めて、屍姫と呼ぶわ!」(「??」の部分は聞き取れない)


こんな起用は絶対に許さない。絶対にだ。

今期一番の残念アニメ。切ります。
原作は中二病設定と巷で噂される電撃文庫のライトノベル。

1話を含め感想。


今のところ、今期一番ツボにきた。井口裕香始まったな。
ゼロの使い魔のイルククゥもよかったしね!
とまぁ声優絡みの話は置いといて。

設定がガチガチで魔術と科学描写がこってりしてる。
そのせいで多少物語自体が食われてる感じもあるけど、最初だからかな。
とにかくワクワクさせる伏線が多々あって、掴みは完璧ですね。

シャナの後釜だとばかり思ってたけど、これはシャナを超える予感。
OPとEDも演出から曲風までいろいろとシャナを思わせるようなものが多いです。
電撃文庫のアニメって線がしっかりして塗りも濃いめなのが多いけど、
これは控えめで作画がかなりいい感じ。


今期一番の期待作です。楽しみ!
今月は忙しくて更新が激しくサボり気味です。
そろそろ感想を小出しにして一気に作品を網羅していきたいところ。

以下ちょっとした小言。アニメの地域格差について。

CLANNAD Afterが関西では一週間遅れってどういうこったよ!
関東で2話やってるときに関西で1話が放送されるってどうなの?TBSさん。

最近MBSが先行放送されるアニメが増えてきたと思ったらこれですか。
MBSに対するTBSの当てつけのように思えてくるよ・・・・

こんなんじゃ視聴者はネットに流れるに決まってるのにね。地上波バカスwwwwww

ちなみに今期アニメで関西地上波が見れないもの。

■亡念のザムド
PS3独占配信。期待してただけに残念。

■CHAOS;HEAD
関東圏のみ。期待してた(ry

■夜桜四重奏
関東圏のみ。関西圏は1期遅れ。期待(ry


いい加減新しいビジネスモデルを考えるべきだよね、アニメ業界。
原作は言わずと知れた電撃文庫。もう代表作と呼ばれるほどになりましたね。
1話も含めて、感想。


面白い。1話からテンポがいいですね。
木刀持って殴り込み、てんやわんやで協力関係。
ドタバタラブコメですね。王道だけど的を射ていて面白い。

うるさいうるさいと狙ったようにネタを出してきて、制作者ノリノリ。
こうしてJC.STAFFとくぎみーの絆が深まっていくんですね、わかります。

アニメーションも安定感があっていいし、色もなかなか。
OPも作風を模倣したノリのいいポップじゃなく、逆を行く新しい曲調で気に入りました。
EDはほっちゃんが担当。これまたいい感じ。


期待通りの面白い作品でよかった。さすがはJC!安定感が違いますね。
セキレイ最終回「縁ノ鶺鴒」、感想。


原作が途中なんだからこうなるだろうとは思っていたけど、逃亡成功はいい区切り。
セキレイ紋が消失したのに復活したのはなんかせこい気がするけど、MBIの観測者も予想外といった反応だったし、どうやら裏があるようだから納得。
しかしこれまた引いて終わる最終回だったので、早く2期が見たいかも。

基本は脱げ脱げハーレムアニメだけど、取り巻く状況と世界観は面白かったです。
脱げ脱げがデフォすぎるのはありがたみが薄れるので2期は一騎当千程度でお願いします。
アニメシャワー枠。ヒャッコの裏番組にあたるのは初回だけかな?
とりあえず感想。


なんだ、京アニか・・・・
なんだ、神作画か・・・・
なんだ、戸松遙か・・・・

最高。1話の期待度は限りなく無限。期待しないわけがない。
OPアニメーションのクオリティ高すぎワロタw
原作未読で想像していたのと全然違ったので完全に虚を突かれた。いいよいいよー
本編では作画が微妙に乱れてたけど、CLANNAD2期と平行だから?

物語は同棲ラブコメ。テレビが強調されていたので芸能活動に発展する模様。
完全に萌え路線です、本当に(ry

だ  が  そ  れ  が  い  い

1話からサービスシーン。いいぞ!もっとやれ!

戸松遙も相変わらず良い味だすなぁ。主題歌まで持っちゃって。始まったな。
幼馴染に置いているみゆきちも期待をそそります。

超期待作。早く2話が見たい。
最終回シリーズ。昨日最終回でした。
あんまり感想書いてない作品でしたが、総括して感想。


ギアス、マクロスなどのビッグタイトルが並ぶ中、地味に奮闘した隠れた名作。
途中で切るだろうと思って見始めたのに、気がつけば最終回でした。いやー面白かった。

OP、ED、そして本編の雰囲気が非常に良い。
短編構成ですが、どれも暖かいぬくもりのある話ばかりでよかったですね。
人間と幽霊の間に起こる些細な想いを上手く表現していたと思います。

最終回は登場した妖怪が祭に集結するという形で、これまでのアフターストーリーをまとめて。
個々のエピソードがちゃんと生きている話で面白かったです。
アニメシャワーの入れ替えのおかげで土曜日の放送数が半端無いですね。
そのアニメシャワーの裏番組にあたるヒャッコ 1話の感想です。


ちなみに原作はさらっと読んだことがありますが、特に面白いと思うものでもなかったです。
で、アニメはどうかと言いますと。

どこを楽しむアニメなんだこれは・・・・

これは1話だからだと思われますが、とにかく山も谷もない。4人が出会って終わっただけ?
1話だけ切り取って感想を付けるなら、ぶっちゃけつまらん。
虎子の破天荒ぶりを楽しむ作品なんだろうけど、特にそれが面白いわけでもなかった。


で、これを付け加えると色眼鏡で見ているように思われるかもしれませんが、
私はアンチあーやなんですね。今回は終始セリフのあったあーやに拒絶反応が(ry

ちなみにゆりしーはこの作品が今期唯一のレギュラー・・・・だったはず。
その唯一の作品でロリを演じられないなんて・・・・来期から大丈夫かな。


とにかく、本編は1話から掴みに大失敗した気がします。
アニメシャワーの裏番組だから、テレビ大阪では成績悪そうですしねぇ。
最終回の消化もままならぬまま、新番組が始まってしまいまして。
おかげで予習している暇はなかったのですが、まぁ片っ端からレビューできるといいですね。

というわけであかね色に染まる坂の感想。


まぁ、ウケはいいかもしれませんね・・・・。くぎみーもあーやもマリーナもいるし。
個人的な好みを抜きで言えば、豪華で結構。

しかし肝心の本編は・・・・なんとも微妙。というかノリが臭い。
あだ名の武勇伝だとか、なんだかな。敬語優男な石田彰さんも、聞いていてムズ痒い。
こういうコテコテなノリに着いていける人は面白いかも。
私はどうにも受け付けませんでしたが。

くぎみーは名演でしたよ、うん。伊達に正ヒロインじゃないね。

しばらくは様子見ですかね。
時事放談と言えば、のら犬兄弟のギョーカイ時事放談 CMSの導入ならコアブロCMS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。