FC2ブログ

新非公式新聞部

アニメ・声優情報を中心に発信する気まぐれブログ。 管理人はQMAプレイヤー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
明日発売予定だった「バカとテストと召喚獣」の最新刊をフラゲできたよー!
とうとう表紙が秀吉!3巻で秀吉だと期待していたのは俺だけじゃないはずww
3.5巻ということで、3巻の気になる続きはまだお披露目されません。
でも待望の新刊なので一気に読むのは勿体無いなぁ。
なんせ今一番面白いラノベだと評価していますからね。
というわけでまだ手を付けてません。これからじっくり読んでやろう。

せっかく久々の更新なのでラノベの感想でも書こうかな。
ちょっと前に読んだ2冊を紹介。ネタバレ部は多少含みますが、核心には至りません。

■ツァラトゥストラへの階段
扉の外でデビューした土橋真二郎先生の新作。
相変わらず上手い。心理戦を高めるゲームも人間描写も。
今回のゲームも独特のルールを盛り込んだ数学的かつ駆け引きの楽しめるものでした。
経済学的な面もあって、前作のファンを引き離さなさず新しい領域を切り開いている感じ。
テーマは【情報】と【ノイズ】といったところです。
そして相変わらず自分の考えがコロコロと変わる主人公も健在。
しかしこれにはちゃんと設定上の理由付けがされていたので納得。
ゲームに参加する動機もしっかりとしてて◎(ただし、この展開は見え見えすぎる気も・・・)
主人公のハーレムもまた健在。
そして寄せられる好意を軽く踏みにじるのもまた健在。
前作もだったけど、ハーレムな状況の価値を理解していない主人公です。
しかしラブコメ要素がまったくないのにハーレムな状況を作る筆者は凄い。
扉の外の「そうか、エロゲーだったのか!」という言葉がこの作品にも当てはまる。
でも前作と決定的に違うのは、謎が明確なところ。
前作の結末では、真実は明かされずすっきりしない終わりでした。
それに対し今作は割と現実的で、最後にはちゃんとオチが付きそう。
まぁ、1巻の見積もりでしかありませんが。
扉の外も1巻読んだときにはあんな結末になるとは思ってなかったし。
このシリーズは違う締め方をしてほしいな。

■C3 -シーキューブ- (2巻)
ふむ、2巻の発売がかなり早いですね。人気があったのだろうか。
内容としては、シリーズ全体として順調に進んでいます。
でも1巻に一歩しか進展しない。この調子じゃ何巻発売されるんだーw
さて、1巻は表紙買いに関わらず予想外のバトルモノだったことが判明。
2巻は1巻に比べればかなり減りましたが、一応戦闘シーンも収録。
しっかり設定を生かしている話でした。呪いの人形。鉄板ですね。
しかし1冊丸々をほぼ伏線に費やしているような話です。
加えて、伏線の発覚が文章を読んで理解しにくい。戻って読み直さないと理解不能。
この著者は、やたらと文章に強調の点を付けたがります。
そのせいで本当に重要な伏線がどこなのか分かりづらくしている。
前の巻でも点だらけでしたが、バトル中心で伏線も簡単だったので問題ありませんでした。
しかし今回は本当に伏線に全てを注いでいるようなものなので、これは致命的。
これは悪い癖だと思う。
テンポ良く読めないし、強調されている部分がたいして重要じゃなかったりするし。
伏線はよく出来ているんだけど、これは惜しいな。
スタンスは良いと思うので、改良して息の長い作品にしてほしいです。
ちなみに、ちゃんと萌えとエロの挿絵があって満足。
しかしこのシュークリームは「れでぃ×ばと」で見たような構図だなw
最近の電撃文庫はそういった路線なのだと実感。
個人的には好きなジャンルだからもっとやってくれって感じですが。
みやま零とか電撃で使ってくれないかなー。


久々に吐き出したのでスッキリしました。
また更新ペースを戻せるようにがんばります。
それでは~
スポンサーサイト
さて、いろいろあって本気を出すことになりました。
かつて無いモチベーションにより意欲が急上昇しております。

そんなこともありアニメの消化が悪いのですががが。ちょっと小話。
今期の新作が始まって、放送時間が多々被るようになりました。
特に火曜日が激戦区で2本連続で被ってたりします。
我が家にはレコーダが2台あるのでその気になれば撮れるのですが、
型遅れで動作が重く、リモコンが壊れていて使いづらいのです。
起動も遅いのであまり電源をつけない。でも録画はしておく。
そんな事情もあって被っているアニメが溜まる溜まる。
ペルソナとか1話から録り置きして進んでないですよ。
みなみけ2期もtrue tearsと被るし。もうみなみけ切りたいところだな。
もうアヤカシは切ったも同然になってるしなー・・・・。

最近気がついたのですが。
新番見るもの少ないと言いながら、前期の継続があり量が減ってない。
正確に数えてないけど、12,3はありそうな。いや、もっとあるかも。
数を減らすために絶望先生の2期は切りました。相変わらずOPは好きだけど。
もう見る意味も無い気がするし。1期も惰性で見続けててたし。
そろそろ新番も3話に突入なのでそろそろ切るもの決めないとな。

今日の内容は割りとだらだらと吐き出しただけになった気がするー。
感想も書くつもりだったけど、量も多くなるのでこの辺で。感想はまた次回。

それでは~
時の流れを忘れさせてくれます。

さて、ネギま新刊買ってきました。新展開な巻ですね。
それはさておき。
今週のマガジンはネギまの応募者全員サービスです。
商品はパクティオーカード。7枚セット。
あのプレミアまで付いたカードを再販するわけかwww
これはちょっと欲しい。500円なら買おうかな。
でも応募面倒だし忘れてたらそれでいいや。
そ・れ・よ・り・も!
22巻の限定版が受注生産な件。締め切りが来月です。
限定版には白き翼のバッジ付き。これは迷わず買いですね。
800円とリーズナブルなところも嬉しいです。
講談社BOOK倶楽部でも予約できるので是非。

それでは~
アニメは見ても見ても溜まっていく一方です。どうしよう・・・・・・

アニメ関連含め、書きたいことが山々あるのですが今日は省略。
ここのところすることが出来てきたので書いてる暇がないんだなぁ

そんなわけで一応更新だけしておきます。

それでは~
幾分か消化出来たので感想でも。

■ガンスリンガーガール
あれ?結構面白い。
意見がコロコロ変わってたけど、見てみるとこれはいける。
何が面白いかって、やっぱりドンパチしてるとこかな。
時代背景が掴めないけど、なかなか楽しめそうではないか。
記憶を失っていたりと終盤にも期待が出来る。
かといって派手な面白さがないのが残念ではあるな。
拝聴はほぼ決定。

■狼と香辛料
小説の評判がピカイチなのであまり切る気がない作品。
時代が中世っぽくてあまり好きなジャンルではないけど、とりあえず見てみる。
1話見た限りじゃファンタジーなのか恋愛なのか全くわかんないね。
キーキャラは神、いわゆるゴッド。うーん、謎。
しかし福山潤はミスキャストだと思うねー。全然合ってない。
人気声優起用ではないかと。
ホロはあみすけ。H2Oに続きまた主演。人気ですね。
これももっと合う人がいたんじゃないかと思うんだがな。
しばらくは様子見です。

■破天荒遊戯
2話まで見ました。これもそこそこ面白い。
OP見たとき、冴えない男(CV.三木さん)な印象を受けたのですが・・・・
タイトルの名に恥じず、破天荒なところは面白い。
痛快アクションというのか、テンポがいい。キザなセリフが逆に引き立ってたね。
こういう感じの作品は新鮮ですね。
これもほぼ拝聴決定かな。

■シゴフミ
これは電撃が力の入った宣伝をしてたので期待してた作品。
作画力がなかなかのもの。
しかし1話からどんでん返しで付いていけなかったというのが正直な感想。
女学生の殺戮話が最近の流行なのだろうか。
シゴフミの意味や松岡さんの杖はいいとして、あの超展開が凄かった。
というかお父さん。殺されたことを伝えたいなら彼氏宛てにする必要があるの・・・・・・?
どことなく地獄少女っぽいというのが今のところの印象かな。
ショートストーリーで進む様子なので。
これから期待できるものがあるので、楽しみにはしている。

■AYAKASHI
これも原作繋がりで期待していた作品。
いい感じに期待外れなクオリティー。見ようか切ろうか悩む。
正義の味方になるとかいうから士郎みたいなキャラを期待した。でも違った。
主人公がヘタレ。見ていてストレスの溜まる主人公でつね。
姫ちゃんをあしらう主人公うぜぇ。序盤はその一点。
そして後半。グロい。DQNが調子に乗ってこわもてなお兄さんをボッコ。
主人公に手を出して次回逆ボッコフラグ。
ほんといい感じに迷走してる。あとはエイム登場後の展開が全てのような。

■true tears
OP。eufoniusキター!eufonius主題歌とか、これは良作の予感。
本編。はい、いきなり今期最高の作画キター!またしても期待できるぞ。
名塚さんヒロインキター!これで自分の中では拝聴がほぼ確定。
幼馴染同居キター!ここまで、素晴らしくツボってます。
電波少女キター!初めて聞く声にツボ。これはいい。
いいね。凄くいい。純愛ものだね。これはかなりきた。
まったり進むのが心地いい、のほほんとした雰囲気。
クライマックスの意味深なセリフ。いろいろ好印象でした。
唯一気がかりなのはエンドロールで幼馴染より電波が上だったこと。
個人的には幼馴染エンドを期待しているのだが・・・・・・。

■みなみけ おかわり
もったいない!実にもったいない!
1期スタッフで温泉話をやって欲しかった!なぜだ!なぜキャラデザが変わる!?
とにかく違和感。目が死んでるようにしか見えないよ・・・・・・
クオリティーは低くないし、むしろ高い。だが2期のスタッフ交代で違和感が沸きすぎた。
なぜ1期で築いたもので自分の首を占めるようなことをしたんだろうか。もったいない。
あとOPも雰囲気変わった。シリアスすぎてこれまた違和感。
カナの歩き方がおっさんすぎるぞバカヤロー。D.C.のEDみたいなシーンも合ってなさ杉。
まぁ、なかなかに残念な結果でした。


おまけにCLANNADの話。
風子再登場w もっと出番をあげてくださいw
っと、そうじゃなかった。最近京アニ神作画が乱れている気がする件。
ちょっと前から薄々感じてたんですが、どうも一時のものではないらしい。
それでも並以上ではあるが、黄金期は終わったようですね。
新人を鍛えているんだろうか。その辺の事情はよくわからんけど。
CLANNAD本編は感動のスーツケースまであと少し。
再来週くらいには泣かせてくれるのではなかろうか。

それでは~
イィィィィィィィィィッヒャッホォォォォォォォォォォォォ!
ついにアニメ化。キタコレ。
しかも春からだそうで。これは期待せざるえない。

スタッフがもう公表されてたので見てたんですが・・・・・・
アニメーションがシーベック。あんまり意識して見た作品はないなぁ。
つか今年決まったかのこんもシーベックがやるんだね。
かのこんにも異常に期待しているのでそれも含めて楽しみです。
で、肝心の出演声優。これが語りたかったのです。
昨日の晩は布団の中でキャストをずっと考えてましたからねww
自分の中でどの人が合うだろうなーと。
特にララが難しいと思ったので、新人でも使えばいいんじゃないかと思ってみたり。
で、実際のキャスティングはというと!

まず一番気になっていたララ役。戸松遥さん。
どこかで名前見たことあると思ったら、もえたんのすみ役の方でした。
比較的新しい人ですね。ララ役での声が想像できないwww
演技が上手い人なので非常に楽しみです。

そしてこれも気になる春菜役。矢作紗友里さん。
おぉぉぉぉぉぉぉ!おはぎktkr!これはいい!かなりいい!
個人的にこれから活躍すると超期待している方です。大好きな声なんだよな。
やっべー。ほんとこの配役はGJと言わざるえないw
これは本気で喜んでしまいました。

一番キーとなるヤミちゃん役。福圓美里さん。
ちょwwwwwwwイヴktkrwwwwwwwww
まぁこれは妥当な選択。というかこの人以外考えられない。
イヴの時は役がはまってたからなー。今度も間違いないでしょう。

その他サブキャラも凄い配役ですね。
リト役にあけのん。これはまた・・・・・・。いい所に上手い人を置きましたね。
これは合うんじゃないかな。演技上手だし。
蜜柑役に花澤香菜さん。この人はぽてまよで知ったから素の声が出てこない・・・・・・。
ラジオでも聞いたことあるけど、どんな声だったっけ思い出せないー。
とらぶるを機にダメ絶対音感のレパートリーに入れてみせます。
唯役に名塚さん。これも堪らんわ。大好きです。
唯の「ちょっとあなた達!」というセリフが脳内補完されましたw
沙姫役に川澄さん。ちょっと驚き。
川澄さんの役は清楚で素直なイメージ強いからなぁ。
ルン・レン役に大浦冬華さん。初めて聞く名前です。
ルンレンは声の合う幅が広いと思ったので別の意味で楽しみです。
あとは緒方さんやら柚木さんやら水橋さんやらと豪華豪華。

これはもう見るしかないね。
アニメ楽しみにしてます。

えー、なんか長くなってしまいましたねw
7巻の感想も書こうと思ってたんですが、省略ということで(ぉ
触手に絡まれるヤミちゃん可愛いよ。着せ替えヤミちゃん可愛いよ。
人気投票についても書きたかったんですが、そちらは完全に省略ということで(ぉ
また時間があれば書きますね。

それでは~
いやー、明日から学校ですよ。
自由な時間が無くなるかと思うと寂しいねぇ。
この冬休みは結構充実していたのではないかと自賛しています。
まぁほとんどCLANNADやってたけど。だからこそ、か。

さて、今日も新作アニメを1本見たので感想でも。
■ロザリオとバンパイア
これは、前予想で期待していると書きましたが・・・・・・・。
微妙だ!微妙すぎる!
GONZOだったのか。素晴らしいほどにGONZOクオリティを発揮しています。
萌えキャラなのかどうなのかはっきりしないヒロインとかもうねー。
でも奈々ちゃんが出てる。OPも歌ってる。
しかもまだキャラが出てきそうで、声優面で切ろうか迷う。
まぁでも一言で表すなら「微妙」。これは多分最後まで見ることはないだろうな~。

それでは~
昨日は風邪を引いてぶっ倒れてました。
不規則な生活をしすぎて体力が落ちてたのかな。
今日は熱が治まったのですが、頭痛とのどの痛みを引きずってました。
新学期までには完治しておかないとな・・・・・・。


新年にNHKでフルハウスの再放送をやってて思わず録画しました。
フルハウスの面白さは異常。懐かしいね~・・・・・・。
昔はよく天才テレビくんの後枠にやっていたアメリカンコメディを見たものです。
他にもNHKで再放送してほしいなぁ。
特にふたりはふたご(だっけか?)。あれ大好きだったなー。
あと魔女家族の喋る黒猫が出てくるやつ。あれももう一回見たい。
ハイスクールウルフは結構記憶に新しいです。
どこかで何かがミステリーはもうほとんど記憶にないな。
NHK教育で是非とも再放送してほしいです。

えー、新番組はH2Oだけ見ました。あとは順調に積んでます。軽く感想でも。
■H2O
序盤から不条理なお話だなーと。
いじめに対抗しないヒロインか。かなり暗い。
そして盲目だった主人公がいきなり謎の力で開眼。これまた不条理な。
1話みただけじゃなんとも判断できないけど、お色気すぎず落ち着いてたのはよかった。
ま、なにより声優が豪華!しょっぱなからビビリました。
男役であみすけ。みあちも出演してるし。ゆいにゃんまで登場とは。
OPもゆいにゃんが歌ってます。これは最後まで見るしかないわ。
補足しておくと、アニメスピリット枠です。
う~ん、この枠は正直微妙・・・・・ゲフンゲフン。
あんまりツボるアニメが出てこない枠なので、声優目当てだけの気分でいますかね。

それでは~
改めて、あけましておめでとうございます。黄色道化師です。
年明けに親戚への挨拶に北陸地方まで泊まりがけで行って来ました。
すると、なんと雪が降ってまして。それも積雪するほどに。
軽く10cm以上積もってました。車だったので、それはそれで大変だったんですが。
車中、雪が降るのを眺めながらCLANNADのサントラを聞いてましたが、鬱になるね。
メグメルの「透き通る~夢を見ていた~♪」と降雪の相性は異常。
親戚の家に着いてからも、雪でいろいろやってました。
真っ白な雪に足跡つけてKANONのED再現したり、片目の無い雪うさぎを作ったりね。
むやみやたらに寒かったですが、面白かったです。

さて、次々と迎える最終回を順調に消化していますが、割と少ない気が・・・・。
記憶に残っているものだけ感想を書いていきますね。

■マイユア
最後まで真っ黒w この予想を裏切られた感じがなんとも言えない。
まず火事の過去が凄い。昼ドラ的な泥沼劇であったことが発覚。
ショックを受けたななかの風呂場のアレも凄い。この展開は読めない。
その後サナの「分かるよ」ってお前そこは分からないって言っとk・・・・えぇー!?
ちょwwwww そんな伏線が隠れているとは思わないwwww
さらにラスト。OPのようにバンドをやるのかと思えばソロコンサート。
OPはなんの関係もねぇwwwwwww
双子はできてるし、ほんと凄い作品だったなー。
いい意味で予想を裏切る作品でした。地味にブラックなところはよかったです。

■もやしもん
これからってところで終わりましたね。原作に追いついたのか?
ノイタミナ枠で最高視聴率だそうで。かなり成功した作品じゃないでしょうか。
菌を見る能力が失われたところが、割とあっさり終わってしまったような。
あと序盤に張っていた蛍の伏線が未解消になってないかと。2期への持ち越しですか。
結局蛍はゲイなのかね?ハッキリしてないような気もするし。
何はともあれ良作でした。2期も楽しみにしています。

■スカイガールズ
当初の主旨だった空への憧れを描いて綺麗に終わりました。
アフターストーリーも伏線を拾って上手く基地に戻ってきたし、上手かった。
一条教官の教え子が抜かり無く個性的だったのも面白かったです。
一応完結はしてますが、2期があってもいいかなーと思いました。
これだけのキャラの用意があれば出来る!
昔夕方にやってたレスキューのアニメみたいなのを想像しましたしね。
1話から話にメリハリがあって、総じて良作でした。

■ハヤテのごとく
あと少し続くようですが、タイトル的に最終回かと思いました。
念願の姫神登場。髪の色がハヤテと対になってるー!
執事バトル編がようやく終了。まぁガオガイガーネタには噴いた。
自由奔放にやりましたね。これでここ最近の暴走も途絶えるかな。
ラスト1クール。マリアさんの過去にも迫ってほしいです。


正月を挟んでいるので、みなみけやレンタルマギカの最終回がやってこない件。
これだから関西圏は不利なんだよな・・・・・・。
今日から新番組も始まるので、少し前予想でも。
H2Oがアニメ誌で既に作画崩壊していた件。これはかなり不安。
ガンスリンガーガールの製作スタッフの過去の作品を某スレで知りました。これは駄目だ。
期待していたものが脆くも崩れ落ちた。これは期待しないでおこう。
きみあるもアニメ誌で作画がやばそうな雰囲気が・・・・・・。まさしく、つよきす再来か。
逆にロザリオとバンパイアは作画面で安定しそう。期待が高まります。
みなみけおかわりは、言うまでも無く。
1期のあとにあの絵を見ると、目が死んでいるように見える。
1期のクオリティが高すぎたこともあり、期待せずにいます。

それでは~
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

とは言ってもこれを書いているのは2007年なんですが。
年賀状によくあるネタみたいですみませんw
これが公開される頃には私はきっとファミレスにいるでしょう。

なにはともあれ、今年も新非公式新聞部を応援よろしくおねがいします。
時事放談と言えば、のら犬兄弟のギョーカイ時事放談 CMSの導入ならコアブロCMS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。